Excel PowerQuery タイトルが2行になった表を整形する(2)純粋な縦長に変換する

スポンサーリンク

はじめに

Excel PowerQuery タイトルが2行になった表を整形する(1)タイトル行の結合

前回の記事では、上図のExcel表を変換する方法の一例を扱った。

今回はこの表を、下図のように純粋な縦長の表に変換する方法を扱う。

今回用いる表のExcelファイルのダウンロードはこちらから。

縦横の入れ替え

まず、ExcelファイルをPowerQueryエディターに読み込むところまでは、手順は省略する。次に

リボン「変換」タブ
→「入れ替え

で、表の縦横を入れ替える。

リボン「変換」タブ
→「フィル
→「下」   

で、「null」になっているデータを埋める。

ここまでは、前回と同じ手順。

ヘッダー設定

今回は、この段階でヘッダー設定をする。

リボン「変換」タブ
→「1行目をヘッダーとして使用

ヘッダー設定したら、下図のようになる。

なんか2列目は「部門」となっていておかしいが、この列は後で横に変換するので、面倒だから放置して良い。

また「4月」などの月の列が勝手に「2020/04/01」など日付の型に変換されるので、「テキスト」の型に変更する。

型の変更に対し確認メッセージも出るが、「現在のものを置換」で進める。

ついでに

「Column1」列の名前を「月」に変更
→「部門」列を1列目に、「月」列を2列目に移動しておく。

ピボット系操作

マトリクス形式を縦長へ

では3列目以降がマトリクス形式の数値の表になっているので、これを完全な縦長に変換する。

3列目以降を縦長に変換するということは、1列目・2列目の他を全て変換するということなので、

1列目・2列目を選択した状態で
リボン「変換」タブ
→「列のピボット解除」の右側のボタンを押して出る分岐メニュー「その他の列のピボット解除

とする。

Excel PowerQuery 縦横を入れ替えるワザ

縦の項目を横へ

全ての項目が完全に縦長になったが、1列目の「実績」「予算」「差異」の列は横方向に直したい。

この1列目を選択した状態で

リボン「変換」タブ
→「列のピボット

とする。

横方向変換後に、どの列を数値として指定するか確認される。

ここでは一覧から「値」を選択して「OK」とする。

これで「実績」「予算」「差異」の数値項目が横方向になった。

後は

リボン「ホーム」タブ
→閉じて読み込む

でExcelシートに展開すれば良い。

スポンサーリンク