Excel VBA セルの書式設定を簡単にセットするマクロ 個人用マクロブックに組み込もう

Excel カスタマイズ

スポンサーリンク

書式設定マクロ

Excelのセルの書式に、

  • 「数値をカンマ区切りにして、マイナス値なら△マークを付ける」
  • 「8桁日付」
  • 「曜日付き日付」
  • 「標準」

の設定をワンタッチで施す簡単なマクロを下記に示す。

書式

1番目の「Sub formatSetting」というのは、各マクロの共通受け入れ口といったもの。

2番目以降の「Sub set◯◯Format」というやつらがそれぞれ、書式設定を行う個別のマクロだ。

これらのマクロを、あるセルに実行して書式設定したら、直後に別のセルでF4キーを押すと繰り返し実行ができる

マクロって普通、元に戻すことはできないけど、実はF4キーによる繰り返しならできるのだ。

また、マクロ実行直後に単純に「元に戻す」ことはできないけど、F4キーで繰り返した行為についてはCtrl+Zで「元に戻す」ことができる。

このマクロを個人用マクロブックに追加し、リボンやクイックアクセスツールバーに設置すれば、頻繁に行う書式設定が楽にできると思う。

個人用マクロブックとかについては、ここを展開。

オリジナルのマクロをリボンに追加する方法はこちら

個人用マクロブックについては、こちらこちらで述べています。

 

それでは、これらマクロを当記事で紹介しようと思った背景などを語る。

書式設定作業の煩雑さ

数値の書式について

私は以前に、会計士のセミナーで、数値の書式については3桁ごとにカンマ「,」で区切って、マイナスの場合は三角のマークを使うよう教わった。

三角マークというのは「△」「▲」どちらでも良いと思うが、Excelの標準機能でこの書式設定をするのは意外と手間なのだ。

ショートカットキーを使ってやるとしても、

セルを選んで「Ctrl+1」
→左側の分類で「数値」を選択
→「桁区切り(,)を使用する」にチェックを入れる
→「負の数の表示形式」のところで、「△」マークが入っているものにチェックを入れる

と、何度かの操作が必要。

数値の書式

この三角マーク付き書式設定をワンタッチでやれる機能は、Excelに標準ではついていない。
単なるカンマ区切りというのはワンタッチで出来るけどね。

まあこれくらい、大した手間じゃないと思う人が大半だとは思うが、私としてはこれも、頻繁に行う設定なのでもっと簡略化したい。

日付の書式について

日付の書式設定についても面倒なことはある。

表示形式

上図の「売上日」列で、慣れていない人はパッと気付かないかもしれないが、「2015/10/10」のような日付なら8桁になるけど、「2015/4/1」などのように月と日が10未満の数値だと6桁になる。
また「2015/4/11」などは7桁だ。

それくらいなんだ、と思われるかもしれないが、こういう桁数の不統一な日付データを縦に並べていくと、見苦しくなるのだ。

また、この縦に並んだ日付データをコピーしてテキストエディタに貼り付けて加工するとかなると、桁数が不統一だと凄く作業がしにくいのだ。

他には、「2015/04/01(水)」のように、曜日を併記したいというケースもあるだろう。

これらの日付設定をExcelでやろうとすると、意外と面倒。
「Ctrl+1」の書式設定メニューから「日付」を選んでも、実は8桁日付の選択肢は出てこない・・・はずだ。
曜日付き設定もないはず。

正攻法で設定しようとするなら、「Ctrl+1」の書式設定メニューから「ユーザー定義」を選び、「種類」枠のところに

8桁日付→「yyyy/mm/dd」と入れる。
曜日付き8桁日付→「yyyy/mm/dd(aaa)」と入れる。

というようになる。

「aaa」というのは、曜日を入れるためのワードだ。

セルの書式設定

マクロによる書式設定の簡略化

上記で設定が面倒、面倒と繰り返したけど、それが冒頭のマクロを作ろうと思った理由だ。

マクロを再掲する。

これらマクロをリボンやクイックアクセスツールバーに追加して、頻繁に行うセルの書式設定を簡略化しては如何だろうか。

他にも自分でオリジナルの書式設定マクロを追加したければ、

Sub 好きな名前
    Call formatSetting(“セットしたい書式項目“)
End Sub

というものを、マクロを書くVBE(Alt+F11で呼び出せるエディタ)に追加し、上記の赤文字のところに適切な言葉を入れると良い。

しかし「セットしたい書式項目」に適切な言葉を入れるといっても、それってどう調べたら良いのか?

おまけ:ユーザー定義書式

たとえば「小数点以下2桁のパーセンテージ表示」の書式を設定したいとすると、「Ctrl+1」のセル書式設定メニューから普通に「パーセンテージ」のところを選んで小数点以下の桁数を2に設定する。

そして「分類」のところを「ユーザー定義」に移動すると、書式設定に使う文字が「種類」のところに表示されるから、それを使えば良い。

ユーザー定義を調べる

この「ユーザー定義」に設定できる書式の種類は、本当に数多くあるけど、まずは私が上で紹介したものくらいで良いと思うし、後は次のものくらいか。

入力した値書式設定表示結果
2018/4/1yyyy/mm/dd2018/04/01
2018/4/1yyyy年mm月dd日2018年04月01日
2018/4/1yyyy年mm月dd日(aaa)2018年04月01日(日)
-12345#,0-12,345
-12345#,0;△#,0△12,345
-12345#,0;[赤]△#,0△12,345
-12345¥#,0;¥-#,0¥-12,345
12345+#,0;-#,##0+12,345
0#,0;△#,0;--

数字に関する書式設定では、「;」文字で区切って

正の数 ; 負の数 ; ゼロ

という順番で、それぞれ書式を指定しておける。

一番最後の例は、ゼロなら「-」表示したいという場合の例だ。

[赤]と入れておけば、フォント色が赤になるように指定できる。
[緑][青]といったフォント色指定も有効だ。

このブログでは、使いそうもないものまであれこれと深追いは決してせず、本当に使用頻度の高そうな技に絞って取り上げたいので、ユーザー定義書式についての話題はこの辺りにしておく。

実際、私もユーザー定義書式なんて、上記のもの以上に使うことなんてまず無いですし。

スポンサーリンク