Excel2010以降 超基本機能~値のみ貼付け~ 0.3秒で操作できるようになろう

Excel これができなきゃ給料泥棒

スポンサーリンク

あなたはExcelにおいて「値のみ貼付け」と言われて、もしかしてピンとこないだろうか。

ピンとくるとして、その「値のみ貼付け」機能を1週間のExcel使用において何回使っているだろうか?

もし「値のみ貼付け」を知らなかったり、1週間に3回使わないという有様だったら、それはもはや給料泥棒である。

「そんな基礎の基礎も知らない、知ろうとしないようでは、そこから先の仕事のステップに行かせられない」と思われかねない。

今回の記事では、この超基本機能を使えるようになり、それだけでなく周囲の人より爆速で使いこなして日常業務をスピードアップできるようにしていく。

最短手順


ではまず、「値のみ貼付け」の最短かつ最簡単な手順を答えから示そう。

    「値のみ貼付け」のコマンドを、クイックアクセスツールバーの中で 左から1番目~9番目のいずれかに配置する

というのがその答えだ。

(クイックアクセスツールバーの配置の方法は別途記事 を参照)。

クイックアクセスツールバーに配置することで、Altキーとの組み合わせによるショートカットキーで操作するのだ。

この「値のみ貼付け」のクイックアクセスツールバー配置を、私の場合なら左から2番めにしているのだが、この場合は「Alt+2」で操作できるというわけだ。

値のみ貼り付け

値のみ貼り付け

Excel2010以降 クイックアクセスツールバーのカスタマイズ

2018年3月11日

他にもやり方はあるが、最短手順をマスターし周囲と差をつけよう

他の一般的なやり方だと、「ホーム」タブの「貼付け」ボタンの一覧から選ぶとか、右クリックメニューから選ぶとかいうのが、あるにはある。

あるいは「形式を選択して貼付け」からやる人も多いだろう。

でも、こんな超重要なコマンドについて、そんな時間をかける方法を選ぶこと自体が耐えられない(だからこそ、それら別解は覚えるだけ余計だから具体的には書かない)。
必ず最短手順でサッとやってしまおう。

とは言ったものの、あなたの職場の人達が「値のみ貼付け」をするときどうしているか、確認してみると良い。
恐らく、ここまで最適化して最短手順で実行している人はというと、そういないはずだ。

よほどExcel教育に力を入れてる会社でない限り、だいたい右クリックメニューから選ぶとかで、ノロノロやってるはず。
「値のみ貼付け」自体は知ってるからそれで良しと、そのレベルで止まっているのだ。

だからこそ、ここで紹介したレベルまでの最短手順を覚えてしまえば、周囲の人達に差をつけられる。
「なにその超高速操作!?そんな裏ワザ知ってんの!?」と興味を示され、あなたの評価を高める第一歩になるかと思う。

値のみ貼付けは、必須中の必須操作だ

Excelを使った資料作成等の業務手順で、「ここに値のみ貼付けて。」とかいう指示をされたことはないだろうか。

もし無いとしたら、それで成り立っている業務の方がおかしいと思っても良いだろう。

Excelに限らず、余計な情報とかを全部抜きにして値のみ(テキスト情報、単純な文字のみ)貼付けるというのは当然、頻繁に生じるはずである。

というか、Excelでの「貼付け」なんて7割以上が「値のみ貼付け」で済むはずである。

Excelのフォーマットを使用した業務で、「値のみ貼付けをして」と伝えておいた手順において、Ctrl+V コマンドによる「単なる貼付け」をして進められてしまうことがたまにあり、そういうときはゲンナリする。

それをされると、余計な色とか罫線とか、はたまた計算式とかがセルに貼付けられ、見苦しく厄介なことになるのだ。

値のみ貼付けというのは、他のサイト等では数ある操作の1つとしてしか紹介されないと思うが、私は何度でもこれの重要性を幾らでも強く訴えたい。

覚える優先順位は文句なしのトップクラスだ。

「値のみ貼付け」の操作は、必ず1秒掛けずにできるようにしよう。2秒も掛かってるようではダメ。理想は0.3秒以内だ。

それができるようになるために、まず、
Altキー + 1~9の数字キー
のショートカットキーだけで操作する練習をして、クイックアクセスツールバーをマウスでクリックすることが一切なくなるまで極めよう。


この「値のみ貼付け」を最速で操作できるようになり、周囲のそこそこレベルの人達を驚かせてみよう。

スポンサーリンク