Excel2010以降 クイックアクセスツールバーのカスタマイズ

Excel これができなきゃ給料泥棒

スポンサーリンク

Excel(2007以降バージョン)には「リボン」というものがあって、それについての解説記事も別途書いているが、リボン以外にクイックアクセスツールバーも有効活用していく必要がある。

というより、リボンよりもクイックアクセスツールバーが身近で手軽な道具であり、リボンなしでこちらだけで行ける人も多いだろう。

普通のソフトウェアとかだったら「ツールバー」と呼ぶところを、ExcelやWordなどOfficeソフトでは何故か「クイックアクセスツールバー」とわざわざ呼ぶ。

今回の記事では、このお手軽なクイックアクセスツールバーをお気楽お手軽にフル活用して、Excelへの苦手意識を大きく減らしていけるようにしたい。

クイックアクセスツールバーのカスタマイズは最優先実施事項だ

最初に言っとくが、クイックアクセスツールバーは絶対にカスタマイズすること
デフォルト配置のまま使ってるようだと、
「はあ(溜息)。お前もそこらの素人と同じか。期待できんな。」
と内心で思われるかも知れない。私が先輩社員ならそう内心で思う。

私が自分用PCを支給されてExcelを開いたとき、何よりも先に実施するのがクイックアクセスツールバーのカスタマイズだ。
これをしてからじゃないと、Excelを使い始めることができないのだ。

周囲の人達のカスタマイズ状況をチェックだ

試しにあなたの職場の社員たちが使ってるExcelを覗いてみて、クイックアクセスツールバーを観察しよう。
(覗くのが無礼なんて思うな。しょっちゅうさり気なく覗き観察するのだ。)
どれだけ皆、クイックアクセスツールバーをカスタマイズしてるだろうか。

カスタマイズしてる人が全然いないとしたら、ちょっとその職場のExcelレベルは壊滅的だろう。
なお私の職場には、カスタマイズしてる人は全然いません。ですから壊滅的です。

逆にカスタマイズしてる人が当たり前にいるとして、ショートカットキーで済ませられるようなものまで配置してるんじゃないかと思う。
以下の記事を読んで、本当に必要なものだけ配置して使いこなし、彼らと差をつけよう。

まずリボンの下にクイックアクセスツールバーを表示しよう

クイックアクセスツールバーは、デフォルトでは下図のようにExcelの最上部にある。

で、見ての通り、周囲の背景と混濁状態にあったりして見にくいし、使いにくいと思う。

だからまず最初に、クイックアクセスツールバーの右端のボタンを押し「リボンの下に表示」としておこう。
この方が使いやすくなると思う。

クイックアクセスツールバーに集めるべき機能

Excel リボンはカスタマイズしまくろう。配置を無理に覚えようとしなくて良い

2018年3月11日

「Excel リボンの配置を無理に覚えようとしなくて良い」のページ でも解説しているが、
Excelでよく使う機能は自分オリジナルのリボンに集約させると同時に、下記のようなものならクイックアクセスツールバーに集めると良い。

  • 非常に良く使うコマンドで、いまいち使いやすいショートカットキーがないもの。
  • ショートカットキーが簡単でも、気分によりマウス操作で実行することが多いコマンド。
  • コマンドとかでなくても、いつも見えるようにしておきたい情報。フォント色とか。
    あと、計算方法が手動になっているとかいうのは、注意しとかないと見逃すので、これも入れておく。
  • アイコンを見ただけで、何のコマンドか容易に分かるようなもの

そしてその中でも、特によく使うものは左から1番目~9番目までに配置することだ。

それらについては、左から1番目のものは「Alt+1」、左から2番目のものは「Alt+2」・・・と、Altキーと数字キーという簡単なショートカットキーで操作できるからだ。

左から10番目以降でもショートカットキーがないわけじゃないが、こうもワンタッチで操作できるわけではない。

実際のクイックアクセスツールバーのカスタマイズ手順

実際のクイックアクセスツールバーのカスタマイズ手順だが、リボンのカスタマイズ方法と基本は同じ。

リボンなどがあるエリアを右クリック→「クイックアクセスツールバーのユーザー設定 」とする。

クイックアクセスツールバーのユーザー設定

あるいは、有用なコマンドがリボンの中で普通に見付かったら、そのコマンドボタンを右クリック→「クイックアクセスツールバーに追加」としても良い。

このやり方だと、必ずツールバーのいちばん右端に追加されるので、配置調整は考えないといけないが。

リボンから追加

ここでも私のオススメの配置を書くことにしよう。
下図に振ってある番号は、表中の番号と対応させています。

私のツールバー設定

 

ボタンの名称説明
1ウインドウ枠の固定 押すと選択肢が分岐するやつもありますが、分岐しない方で。
2値の貼り付け 超使いまくるコマンドなのに、これらにボタン一発のショートカットキーがないのはなぜだ。
3数式の貼り付け
4書式の貼り付け
5リンク貼り付け「=$A$1」などセルを参照する数式を入れるのに、実はかなり役立つコマンドです。
6リンクされた図として貼り付けコピーしたセル範囲を、図として貼り付け、そのセル範囲へのリンクも貼られます。
7参照元のトレース セルの数式がどこのセルを参照しているか。
8参照先のトレース セルがどこのセルから計算式を使って参照されているか。
9中央揃え これもよく使うのに、いまいち有効なショートカットキーがない
10塗りつぶしの色 セルや図形の色を、これですぐ変えたい。
11フォント 明朝体とかゴシック体とか。この情報はいつも視界に入れておきたい。
12フォントの色 文字の色もいつも視界に入れておきたい。
13フォントサイズ 文字のサイズもいつも視界に入れておきたい。
14拡大/縮小 印刷倍率が○○%という情報。いつも視界に入れておきたい。
15セルの結合中央揃えを伴わず、単に結合したい場合に使用。
16セルを結合して中央揃え
17横方向に結合 これは知らない人が多いのでは。文字通り、縦横にセル範囲を選んだ場合でも、横方向のみの結合をするコマンドです。
18セル結合の解除
19上書き保存 Ctrl+sで楽勝だけど、気分的にマウスでやりたいことが多い。
20印刷プレビューと印刷 Ctrl+pで楽勝だけど、気分的にマウスでやりたいことが多い。
21オートフィルター Ctrl+Shift+Lでもできる。
22すべてのフィルターをクリア オートフィルターで絞り込まれた状態を一気に解除するのに使う。
23オブジェクトの選択 図形とかを選択するのにこのボタンは必須。
24枠線の表示 セルの枠線を表示するかどうか。
25コマンドボタン(フォーム) マクロの実行ボタンとして。マクロを作れるようになったら配置すると良い。
26すべて更新 押すと選択肢が分岐するやつもありますが、分岐しない方で。
27トリミングツール 図形のトリミングはしょっちゅうやります。
28自動 計算方法の自動・手動は知らない人が多いけど地味に重要。説明記事も書いています。
29手動
30図形 図形(オートシェイプ)を一覧から選ぶボタンです。

とまあこんな具合。
詳細はおいおい記事を追加していこうかと思うが、大体は自分で使ってみてどうにかなるはず。

と言うか、Excelが上手くならない人というのは、こういうのを見て自分の手で使ってみようとしないという人が多い。

まずは自分の手で操作をしてみること。それができるかどうかなんだよね。

ということで、必ずやってもらいたい課題として、最低でも15個はクイックアクセスツールバーを自分のExcelに追加してみよう。

なんで15個かって、

  • まず< Altキー + 1~9キー > で操作できるやつが9個。
  • フォントサイズとか印刷倍率とか、常に視界に入れておきたい情報が5・6個くらいはある。

ということからだ。

私のクイックアクセスツールバーは、配置した数が多すぎて画面に収まりきらせるのに苦労している。
そういう状態になるよう、Excelを使い込んでもらいたいと思う。

スポンサーリンク