Excel 小計(集計)機能について(3)小計機能を改良するマクロ 個人用マクロブックに組み込める

Excel カスタマイズ

スポンサーリンク

小計機能の改良マクロ

以前の記事で、Excelの小計(集計)機能についてデメリットを愚痴っぽく書いてしまった。

批判的なことを書くだけではしょうがないので、この小計(集計)機能について、使い勝手を改良するマクロを作ってみたものを記す。

動作条件がちょっとやかましいのだが

  1. 集計において「基準」となる列の1行目に「G」の文字を入れることを条件とする。
  2. 「G」の文字は2個以上入れることは不可。
    したがって、集計する表は、Excelシートの2行目以降から始まっていて、1行目は空けられていることが条件だ。
    「G」は「Group」の「G」ね。

  3. 集計の「集計する数値フィールド」となる列の1行目に「T」の文字を入れることを条件とする。「T」は「Total」の「T」ね。
  4. 集計の方法は「データの個数」「平均」とかはなく「合計」のみ。

というようになる。

私がマクロを作る時はほとんど、自分の必要に強く駆られてなのだが、なぜこのマクロを作ったのかは後述するので、まずは当該マクロを下に記述する。

小計機能を頻繁に使うなら、個人用マクロブックに追加してみると良いと思う。

個人用マクロブックとかについては、ここを展開。

オリジナルのマクロをリボンに追加する方法はこちら

個人用マクロブックについては、こちらこちらで述べています。

 


正直、細かい動作チェックとかは二の次で、エラーの時は<On Error GoTo>で逃げている。
間に合わせ程度のマクロだ。

動作イメージ

集計マクロ開始

まず、上図の表を、D列「担当者CD」を基準に「販売台数」「売上金額」を集計するとした場合に、基準列の1行目に「G」、集計列の1行目に「T」を入れる

そしてマクロを起動すると、メッセージが出る。

確認メッセージ

このメッセージボックスは、セル範囲を指定するよう促すもの。

メッセージにしたがい集計したいセル範囲を、タイトル行を含めて選択する。

そしてメッセージの「OK」をクリックする。

マクロ実行結果

そうすると、通常の小計機能のように、集計が実行される。

以前の記事で、小計機能においては「集計するフィールド」というのをチェックボックスに1個1個チェックを入れていくのが煩雑だということを述べたが、その点だけは解消しようと思ったマクロだ。

集計のチェックボックス

まあかなり粗いマクロだとは思うけど、まず小計機能への依存じたいを減らして、ピボットテーブルとか他の機能の使用を増やしていこう。

スポンサーリンク