Excel 行・列(縦横)の番号を数字で表示するマクロ 必ず個人用マクロブックに組み込もう

Excel カスタマイズ

スポンサーリンク

横方向の番号を数字で表示する

Excelで、縦方向の番号は数字で表示されるのに、横方向についてはA、B、C・・・とアルファベットで表示される。

横方向についても数字で表示したいというのは、考えたことがあるだろう。

デフォルト表示

これを普通にExcel(2007以降)の機能でやろうとするなら、

リボン「ファイル」タブから「オプション」を開き、「数式」のところで「R1C1参照形式を使用する」というところにチェックを入れる
という面倒なことをしないといけない。

R1C1設定

そしてこの訳わからん設定メニュー、クイックアクセスツールバーやリボンに組み込むこともできず、必ずこうやってオプションからやらないといけない。

横方向の番号を数字で表示するモードにして、また元の表示モードにして・・・とやる場合に毎回、この面倒なメニューを開かないといけなくて、やってられるかというところだ。

Excel2003のころも同様に、オプションの深いメニューに行かないといけなかった。

けっこう使い所は多いメニューだと思うのだが、なぜこうなのだろう。

マクロで簡単にする

そこで私は、次のマクロを個人用マクロブックに組み込んで、簡単に表示モードを切り替えられるようにしている。

  • xlA1というのが普通の、横方向の番号をアルファベットで表示するモード
  • xlR1C1とかいうのが、横方向の番号を数字で表示するモード

Excel VBAを使っていると、このR1C1という考え方を使う必要が出てくる。
というかVBAをやらない人だと、さっぱりだろう。

上記のマクロを、リボンやクイックアクセスツールバーに組み込むと良い。
このマクロを繰り返し実行すれば、横方向の番号表示を、アルファベット表示と数字表示と交互に切り替えられる。

R1C1というやつについては、個別の記事も書いている。

Excel 絶対・相対参照の上級編~R1C1参照~

2018年6月11日
個人用マクロブックとかについては、ここを展開。

オリジナルのマクロをリボンに追加する方法はこちら

個人用マクロブックについては、こちらこちらで述べています。

 

スポンサーリンク